保証がある業者

海外ではハウスキーパーとも呼ばれる、主に女性の家事使用人は日本ではお手伝いさん、あるいは家政婦と呼ばれています。
家政婦は元々女中の減少に伴って増加してパートタイム労働者であり、家庭内のあらゆる仕事を請け負っていました。
清掃に関しても同様に請け負っていましたが、やがて清掃のみを希望するニーズに応える形で、登場したのがハウスクリーニングとなります。
初期のハウスクリーニングは主に法人需要向けのサービスを提供していた業者が、余っているリソースを活用する形で提供をしていました。
そのためサービス面でも洗練されていませんでしたが、やがて次第に専業化が進みハウスクリーニング専門業者が増えていくに従い、今のように家庭向けに特化した清掃サービスへと変化します。

今後のハウスクリーニングの流れとしては、よりサービスの拡充が進むと言われています。
家事の担い手減少などによって社会的に必要とされているサービスがハウスクリーニングであり、その需要は高いものがあります。
そのため多数の業者がすでに参入をしており、業者間での競争が激しくなっている側面があります。
このような流れの中で、多くのハウスクリーニング業者は、自社のサービスの質に関して独自性や優位性をアピールするためにサービスの拡充を続けています。
例えば最近よく見られるサービスとして、お墓の代行掃除などのユニークなサービスが見られます。
今後もハウスクリーニング業界は成長を続けると共に、業者間の競争もあって、さらなるサービスの拡充が続き、利用者の利便性が増すことが予測されます。